こどものみらい応援隊 | 日総ブレイン株式会社

SUPPORTER INTERVIEW

日総ブレイン株式会社 - こどものみらい応援隊

「ありがとう」を一番もらえる会社になろう!

--- 会社の事業や魅力・強みについて教えてください。

清水社長:私たちの事業は、人材派遣や人材紹介と言われている業種で、簡単に言うと人を採用したい企業とお仕事を探している人をつなぐ役割です。横浜に創業して今年で31年目を迎え、実は、派遣会社の中では神奈川県で一番古い会社なんですよ。ですから、お付き合いが長く、関わりの深いお客様がとても多いです。私たちの強みはやはり「地域に根ざした会社」として、企業の特徴や要望を的確に掴み、大手の派遣会社にはない、きめ細やかなサポートとサービスをご提供しているところだと思っています。

今後、ますます多くの女性が社会で働いていく場面が増えていくと思いますが、私たちは常に「働きやすい職場環境づくり」を大切に考えています。中でも、育児をしながらでも働ける職場環境を整えていくことはとても重要だと思っています。神奈川県というのは、他の都道府県に比べて専業主婦の方の割合が多い県なんですよ。その中には、出産や子育てによる理由で職を離れた人が少なくありません。でも、一度仕事から離れてブランクができてしまうと、復帰しにくかったり、次の仕事を探すのも難しくなってしまいますよね。ですからわが社では、そういった方が少しでも仕事復帰しやすいように、無料の研修やトレーニングでスキルを戻してから、仕事に復帰してもらえるようなサービスもご提供しています。

また、子育てをしながら働く女性からニーズの多い「勤務時間を短くしたい」「週3日で勤務したい」などの要望にも応えられるお仕事をつくり出せるよう、企業に相談をしたりしながら丁寧に取り組んでいます。様々な要望があるので、なかなか正社員として働くのは難しいというところもありますが、そういったママたちが柔軟に働けるような提案をして、一人でも多くの女性が働けるようなサポートにも力を入れています。これらのサポートが仕事を探すきっかけになれればいいなと思っています。

 

--- 将来、人ではなく、人工知能(AI)をもったコンピューターや機械がやっていく仕事が増えていくと言われています。御社ではこれらについて、どんな想いがありますか。

清水社長:確かにAIなどの発展は、考え方によっては、私たちの事業の脅威になります。私たちが今取り組んでいる「人を採用したい企業とお仕事を探している人をつなぐ仕事」を、今後は人ではなくAIがやっていく可能性もあります。AIは、膨大な情報を扱うことができるでしょうし、データを処理するスピードも速いでしょうから。

しかし、人を採用したい企業もお仕事を探している人も互いに「人」であるからこそ、わが社は人と人との繋がりを大切にしていきたいと思っています。実際に面談の中では、機械では見つけられないような能力や本人も気づいていない魅力を発見できることもありますから。やはり、目を見て、顔を見て、対話をすることを大切にしていきたいです。

私たちは日頃から「ありがとう」を一番もらえる会社になろう!ということを目指しています。一人では「ありがとう」は生まれず、誰か相手がいて初めて「ありがとう」という言葉が生まれてきますよね。これまでもお伝えしてきたように、私たちの会社は人との関わりをとても大切にしているので、そういった関わりの中で「ありがとう」をいただけるように丁寧に誠実に対応しています。そして、お客様からも、私たちからも、お互いに「ありがとう」と言えるような関係を築いていくということを根底に置いています。

 

子どもたちに「チャンス・チャレンジ・チェンジ」を

--- NPOこどもネットミュージアムの会員として、子どもたちを応援されている想いをお聞かせください。

清水社長:子どもたちが夢を持ち、それを育むための支援をしようというNPOの理念に賛同しているからです。私たちも地域に密着している会社なので、神奈川県の子どもたちを支援したいと思っていて、事業を通して地域に貢献していくということが経営理念になっています。わが社の派遣スタッフは9割が女性で、社員も半分が女性なんです。その多くに子どもがおりますし、社員も産休を100%とっていることが自慢です。社員の子どもを会社に招いて名刺交換などの仕事体験をしたり、自分のお父さん・お母さんがどんな仕事をしているのかを見てもらうようなイベントも開催したこともあります。男性社員もイクメンパパが多いんですよ。そういった中で、将来、日本を支えていく子どもたちの夢や明るい未来を応援するというこどもネットミュージアムの想いに共感しています。昨年度「日総ブレイン株式会社賞」を贈った作品も、あらゆる生き物が共存しながら、明るく生きいきしているところがとても良かったです。

近年、少子化で子どもが少なくなっている中、これから育っていく子どもたちには、夢をもって、いろんなことにチャレンジしてほしいと思っています。私は小学校の頃から「チャンス・チャレンジ・チェンジ」という言葉を大切にして育ってきました。子どもたちには、決まりを守ることも大切ですが、型にはまらず、やりたいことに勇気をもってチャレンジしていってほしいです。さまざまなことに挑戦し、自分を変えながらステップアップしていってほしいです。

私は今、横浜市の国際街づくり委員をしているのですが、最近は留学を志す人が減っているようです。私たちが若い頃は海外に行きたい、留学したいという人がとても多く、たくさんの人が海外に行っていましたが、今はひとりっ子の家庭が多かったりして、親も行かせたくないという人が増えているのだとか…。でも、若いうちだからこそできること、吸収できることもたくさんあると思います。子どもでいる時間は限られているので、子どもたちには、失敗を恐れず、留学でもスポーツでも何でもいいので自分がやりきる夢に向かって元気に挑戦できる人になってほしいです。また、そういった子どもの挑戦を、お父さんやお母さん方には後押ししてもらえるといいなと思っています。未来ある子どもたちにぜひ「チャンス・チャレンジ・チェンジ」を!!

企業情報

日総ブレイン株式会社
https://www.nsbrain.jp/

 第21回 かながわ夢絵コンテスト 日総ブレイン株式会社賞

 


 

本取材は、株式会社キャリパスとNPOこどもネットミュージアムによるインターンシップ研修において制作いたしました。